オプシスクラブ

OPSIS CLUB ADVICE from STAFF カメラマン、ヘアメイクからのアドバイス

リクルート・フォト「就活必勝法」

バックナンバー

カメラマンとヘア&メイクアーティストから、季節や用途に合わせての撮影時のアドバイス。
今回のタイトルは「就職活動」。ぜひプロのカメラマンとヘア&メイクアーティストのアドバイスを参考に素敵な写真を撮って成功をあなたの手に!

カメラマンからのアドバイス

チーフカメラマン:久松

入社試験などで、履歴書やエントリーシートを作成する場合、自分をアピールするためのツールとして写真を最大限利用するべきだと思います。写真をあまり重要に捉えていない人もいらっしゃいますが、その人を判断する上で写真は数少ない情報を発信する大切なポイントの一つではないでしょうか!
とはいえ、緊張からは何も良いものは生まれませんのであまり深く考えずに写真撮影に望みましょう。撮影の前日は、睡眠を良くとりコンディションだけは整えておいてください。そうすればきっと、カメラマンが緊張をほぐしてくれ、良い写真が出来上がるはずです。

撮影は、志望する企業や撮ってもらいたいイメージをカメラマンに伝えるといいでしょう。金融か、マスコミかなど、業種によって好まれる写真は変わってきますので、この手の撮影の経験が多い写真館・カメラマンであれば、表情やポーズで雰囲気をしっかり変えてくれるはずです。

【履歴書用の写真だから笑っちゃいけない】って思っている人が多いようですが、全くの誤りです。歯を見せてしっかり笑うのではなく、唇を閉じたまま、唇の両端を横に広げて持ち上げるように優しく微笑んでみましょう。きっと好感の持てる、素敵な表情になるはずです。写真というのは、表情が表現されにくいので、スマシ顔(マジメ顔)のままでは、きっと怒っているような怖い顔に写ってしまいます。いままで経験ありませんか?やはり適度な微笑みは、写真を見る人に良い印象を与えるものです。

ヘア&メイクアーティストからのアドバイス

オプシス クイックビューティー フォト店長:五十嵐

面接時に相手に好感を与えるためには、「清潔感」、「若々しさ」、「明るさ」、「健康的なイメージ」が非常に大切です。
そのためのメイクのポイントをいくつか上げておきます。

  • 1. 人工的な印象にならないように
  • 2. 血色よく健康的に
  • 3. ラメ、グロスはNG
  • 4. アイカラーは目元を明るく見せる程度で控えめに
  • 5. アイライン・マスカラで目元を強調

ヘアスタイルについては、黒髪がベストですが、多少明るめなのは大丈夫です。ただし、根元が伸びてきていて手入れができていないのはNG。前髪も目にかからない程度の長さにそろえておくのも大切。サイドの髪は耳にかけるなどして、顔の輪郭をはっきり見せることも効果大です。
また、メイク以外にリクルートスーツも、シャツにアイロンがキチンとかかっているか(特に襟)や、自分のサイズに合っているかということも、面接官には見られていますよ。

もっと知りたい方は、掲示板に書き込みしてください!また、店舗メニュにあります面接のためのメイクレッスン・面接当日のヘア&メイクがオススメです!

PAGEトップへ

OPSIS CLUB INDEX

  • BULLETIN BOARD/掲示板
  • EXPERIENCE/体験談
  • ADVICE from STAFF/カメラマン、ヘアメイクからのアドバイス

オプシスは完全予約制です